2014年10月14日

【使用レポ】Oculus Rift用フェイスペーパーを使ってみた

Amazonにて発売中のOculus Rift用フェイスペーパーがスタッフの元に到着したので、使用レポートを致します!



何かと話題沸騰中のOculus Riftですが、実際使うと悩みの種となるのが、直接肌が触れる顔当ての部分。
スポンジ製なので汗や脂を吸ってしまい、本体に固定されているので洗う事もできません。
筆者もどうしようかと悩んでいた矢先、AmazonでOculus Rift用フェイスペーパーが発売しました!
購入ページはこちらから


中身を開けてみる

大きい封筒で届きました。
ビニール袋に入っており、曲がらないよう段ボールが当ててありました。


内容物

  • 説明書
  • ペーパーシート(購入したのは80枚)
  • ゴムシート (1セット)

ペーパーシート

ペーパーシートは、5枚ずつ針無しホッチキスでまとめられ、そのセットごとに両面テープが貼ってあります。
なので5枚までは剥がすだけで交換できます!
紙の質感はさらっとしたクラフトシートのような感じで、装着も問題ありませんでした。


ゴムシート



ゴムシートは4つのパーツに分割されており、それぞれの裏に両面テープが貼られています。ゴムシートの切り口は多少の手作り感がありましたが使用には全く問題ありません。
両面テープは2週間ほど粘着力は保たれるそうです。
テープを貼り変えれば繰り返し使えます。
ゴムは2mmほどの厚さで、柔らかめ。浅いシボがあります。
けっこう薄いので装着感は問題なし。むしろ顔との摩擦が増すので、ずれにくくなりました。
付いた汗はウェットティッシュやアルコールですぐに拭き取れます。

総評

自作するよりは値は張りますが、シートを簡単に交換できるのでストレスフリーでした。
この手間を省けるのは代えがたいメリットに感じました。
スポンジにシートが固定されるので、装着の煩わしさもほとんどありません。
汚れが気になる方、汚れが気になるけど自作は面倒な方、イベントなどでシートが大量に必要な方は購入してみてはいかがでしょうか?

購入ページ