2014年6月9日

Oculus Riftでスカイリムを動かしてみよう!










現在、注目度急上昇中のVRデバイス!
その中でもゲーマーにとって最もホットなOculus Riftを使って、
スカイリムを楽しむ方法をご紹介します!





今回は無料のVireioというソフトウェアを使います。

◆公式サイト
http://vire.io/


Vireioの旧バージョンは公式サイトからダウンロードできますが、正常に動作しない場合もあるので、できれば新しいバージョンを使う事をオススメします!
ただし、最新バージョンをダウンロードするためにはフォーラムに登録(無料)しなければなりません。

登録ページ
http://www.mtbs3d.com/index.php?option=com_users&view=registration&Itemid=325


①画像のように、フォームに入力して、フォーラムに登録しましょう。

入力がちゃんと合っていれば完了ページに飛び、登録したメールに本登録メールが届いているはずです。


②メールのリンクをクリックして本登録を完了しましょう!












クリックしたら完了ページが表示されるので、登録したユーザー名とパスワードを入力してログインします。


③Vireio Perceptionをダウンロードしましょう!

Vireio Perception 2.0.0.2のダウンロードリンクです。
http://www.mtbs3d.com/index.php?option=com_jdownloads&Itemid=439&view=viewdownload&catid=17&cid=21

下図のように、ログインされていれば右下にダウンロードリンクが表示されるはずです。
クリックして、ダウンロード確認後もう一度アイコンをクリックしてダウンロードします。


















④Vireioを起動しましょう!

ダウンロードしたファイルを解凍し、 binフォルダの中の、【Perception.exe】をクリックして起動します。
設定は下図の赤線の状態でOKです。












⑤いよいよスカイリムを起動!!

Vireio Perceptionを起動したまま、スカイリムを起動します。










このように2つ表示されれば成功です!
--------------------------------------------------------------------------------------------------
ひとまずこれでOculus Riftで遊べる状態になりました。


しかしそのままだと視野角が狭いので、酔いやすいと思います。
スカイリムの設定を少しいじって、視野角を広くしてみましょう
1度だけなら、ゲーム内のコンソールで"FOV 120"と入力すれば視野角を変更できます。

常にRiftで遊ぶなら、常時視野角を変更する設定をするのがオススメです。
下記フォルダに行きます。

C:\Users\(ユーザー名)\Documents\My Games\Skyrim


フォルダ内の、下記ファイルを開きます。

Skyrim.ini

メモ帳で開けると思います。
開いたら、下記の行を追加します。

[Display]
fDefaultWorldFOV=120
fDefault1stPersonFOV=120.0000

私の体感ですと、視野角110度だと正面のものが近く感じたので、120~130度がおすすめです!

同じフォルダにある下記ファイルを開きます。

SkyrimPrefs.ini

同じように下記の行を追加します。

[General]
fdefaultfov=120

数字は上と同じ設定にしましょう。
これでスカイリムを起動してみましょう!
視界が広くなっていれば、成功です!